多言語対応サイトなら弊社にお任せ!

国際化社会が進み、ホームページでも日本語だけではなく、外国語にも対応した多言語サイトが必要な時代になってまいりました。
NEXCHAでは、その時代の流れを逸早く読み取り、優秀な翻訳者を多数確保してきました。
ホームページ制作会社の強みを生かし、パソコン用ホームページだけではなく、スマートフォンにも対応した本格的な多言語対応サイトを制作できます。

 

信頼できる経験豊富な翻訳者

NEXCHAでは、ホームページを多言語対応させる際には内容を「正確に、わかりやすく」訳出することを重視して、技術の理解だけでなく、訳文の正確さ、読みやすさを兼ね備えた優秀な翻訳者を確保しております。
お客様のご要望をヒアリングし、各分野に精通した翻訳者・校正者をアサインすることで、安心した品質を保証いたします。

 

英語、中国語、フランス語など 世界30言語以上に対応

日本語、英語、中国語(簡体字/繁体字)、フランス語、ドイツ語、韓国語、スペイン語、イタリア語、オランダ語、スウェーデン語、ロシア語、ウクライナ語、デンマーク語、ノルウェー語、ポーランド語、チェコ語、ポルトガル語、フィンランド語、ハンガリー語、スロバキア語、エストニア語、ラトビア語、リトアニア語、ギリシャ語、スロベニア語、ルーマニア語、クロアチア語、トルコ語、ベトナム語、マレー語、タイ語、ミャンマー語、クメール語、インドネシア語、ラオス語、タガログ語などの言語を取り扱っております。
また、上記以外の言語に関してもご相談ください。

 

自動翻訳がダメな理由

簡単に多言語サイトにする手段として、ブラウザ(Googleなど)による自動翻訳を利用されているところもあります。しかし、自動翻訳を利用しての多言語対応はおすすめできません。

理由としては、自動翻訳は意味が通じない場合があるため、スパムとみなされる可能性があります。また、自動翻訳されたコンテンツは、しばしばユーザーにとって理解できなかったり、不自然に感じることがあります。そのようなコンテンツを多言語のウェブサイトとして作成するのは、ユーザーにとって有益ではありません。

と、Google側が自動翻訳による多言語対応は推奨しないとしており、検索ランキングを上げるために翻訳したのに逆に下がってしまうケースがあります。

Web上での翻訳サービスを利用したことがある方なら、翻訳を使ったら文章がめちゃくちゃで余計混乱した!という経験をされた方もいるでしょう

 

PAGE TOP